マレーシアの基本情報

国名 マレーシア (Malaysia)

面積 33万平方キロメートル

人口 3200万人

首都 クアラルンプール (Kuala Lumpur)

宗教 国教はイスラム教。他に仏教、ヒンドゥー教など。

言語 国語はマレー語だが、英語もよく使われる。他に中国語など。 

 

国際色あふれる多民族国家

 

古くは大航海時代から、アジアとヨーロッパを結ぶ交差点であったマレーシアには、貿易船が集まっていました。

そして今もなお、様々な文化や民族で溢れています。

人口のうち6割はマレー系、3割が中華系、1割がインド系で構成されていて、それぞれが異なる宗教や文化を持っています。

こうした背景から、お互いの民族を認め合う考え方が根付いているので、外国人でも快適に過ごすことができます。

 

食文化も様々で、マレーシア料理だけでなく中華料理やインド料理、アラブ料理なども楽しめます。

 

物価は日本の約3分の1

マレーシアといえば、物価が安いことで有名です。

 

物によっては、日本より高く売られているものもありますが、平均して大体3分の1程度です。

 

例えば、ローカルのレストランでは、ナシゴレン(マレーシア風のチャーハン)なら5~8リンギット(約125~200円)です。

日本だと500~600円くらいするので、3分の1くらいですね。

 

他にも、Grabと呼ばれる配車サービスでは、空港からクアラルンプール中心街まで約1時間

乗っても70リンギット(2000円弱)で済みます。日本のタクシーに比べると断然お得です。

 

反対に、日本より高く売られている物と言えば、お酒です。

マレーシアはイスラム教国なので、飲酒は禁じられています。

イスラム教徒以外の飲酒は可能なのですが、お酒には高い酒税がかけられています。

 

1年中暖かくて過ごしやすい

マレーシアは熱帯気候に属し、平均気温は26~27℃で年間を通して暖かい気候です。

日本の夏の37℃の暑さからすると、マレーシアは最高でもせいぜい32℃なので、慣れると意外に過ごしやすいです。

 

クアラルンプールでは3~4月初旬、10~11月が雨季ですが、長時間降り続くことは滅多にありません。

昼間の熱気を夕方に雨が冷やしてくれるので、夜は気温が下がり涼しくなります。

地震や洪水などの自然災害がないのも、安心して住めるポイントです。

 

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2020 All Rights Reserved.