学部選び ランキング コミュニケーション学部

【2021年ランキング】コミュニケーション学部のTOP5大学【マレーシア大学進学】

マレーシア大学の中でコミュニケーション学部のTOP5

マレーシアのコミュニケーション学部では英語を使いこなすことが非常に重要です。英語でプレスリリースを書くことが必要になり、英語で良いキャッチフレーズを考えだす必要があります。
トップ企業への就職を考えているなら英語と日本語の両方でアイデアを考え 、言語化し、良いデザインにまとめ上げる必要があります。そのスキルを身につけることができるのがコミュニケーション学部です。

マス・コミュニケーションやマーケティング用のコミュニケーションを学ぶのに適した大学を紹介します!

  1. マレーシアウォロンゴン大学(UOWM)KDU Utropolis Glenmarie
  2. テイラーズ大学
  3. ノッティンガム大学マレーシアキャンパス
  4. モナシュ大学マレーシア
  5. アジア太平洋大学(APU)

コミュニケーション学部の5つの領域

マスコミは基本的に、メッセージを考え出し、適切なコミュニケーションチャネルを通じて同時にこのメッセージを大勢の人々に共有するプロセスです。媒体は様々で、新聞、雑誌、テレビ、映画、ラジオ、看板、インターネットなどのメディアが含まれます。最近ではFacebookやYoutubeなどSNSを通じたコミュニケーションも必須のスキルになっています。

マレーシアでは、マスコミの研究は、ジャーナリズム(紙メディア)、テレビやラジオの放送、映画、広報、または広告の実用化に関連していることがよくあります。メディアオプションの多様化に伴い、コミュニケーションの研究は、従来のメディアソースよりも強力なフィードバックモデルを持つソーシャルメディアとニューメディアを含むように拡張されました。マスコミの分野は進化を続けていますが、マスコミの主な研究分野は以下の5分野と一般的に考えられています。

  1. 広告:advertising
  2. 広報(PR):public relations
  3. 放送:broadcasting
  4. ジャーナリズム:journalism
  5. マスコミ:Mass communication

1. 広告:advertising

マスコミに関連する広告とは、説得力のある方法で製品またはサービスをマーケティングし、視聴者に製品の購入またはサービスの使用を促すことを指します。 広告は一般的にテレビなどの何らかの形のマスメディアを通じて行われるため、広告の効果と方法を研究することはマスコミュニケーションの研究に関連しています。

広告は、スポンサーからの説得力のある情報の有料の非個人的な一方向のマーケティングです。 マスコミチャネルを通じて、スポンサーは商品、サービス、またはアイデアの採用を促進します。 広告主は、オーディエンスに送信されるメッセージを完全に制御できます。

2. 広報(PR):public relations

広報活動は、製品または組織の特定の見解を提示するために、一般の人々に情報を提供するプロセスです。 広報は、目立たないという点で広告とは異なり、世論を形成するために、より包括的な意見を大勢の聴衆に提供することを目的としています。 広告とは異なり、広報の専門家は、メッセージがオーディエンスに情報を渡す場所を決定するメディアゲートキーパーに関連するまでしか制御できません。

 

3. 放送:broadcasting

放送とは、ラジオ、テレビ、映画などの通信媒体を介してオーディオおよび/またはビジュアルコンテンツを送信する行為です。 マスコミの研究では、放送とは、テレビやラジオ番組の制作方法など、コミュニケーションコンテンツの制作方法の実践的な研究を指します。

ラジオやテレビで放送する場合、娯楽や情報は有線や無線で他のラジオ局、テレビ局、ネットワークに配信できます。 これらのチャンネルは、一般的および特定の関心のある有益で面白いコンテンツを提供します。 ラジオやテレビ放送に加えて、情報を提示する人々は、情報をライブまたは記録して提示することができます。

 

4. ジャーナリズム:journalism

ジャーナリズムとは、メディアを通じて発表するためのニュースの収集、検証、提示、編集であり、この意味で、ニュースの製品と制作の研究を指します。

ジャーナリズムの研究では、ニュースがどのように作成され、新聞、ニュースチャンネル、ラジオ局、テレビ局、最近では電子書籍リーダーやスマートフォンなどのマスメディアを通じてどのように一般に広められるかを調べます。 提供される情報は、現在のイベント、トレンド、問題、および人々に関連しています。

 

5. マスコミ:Mass communication

世界の出来事を報告する客観的なジャーナリストの仕事と製品を宣伝する広告エグゼクティブの仕事は別世界のように見えるかもしれませんが、これらの専門家は両方ともマスコミのバックグラウンドを持っているかもしれません。

マスコミとは、マスメディアを通じて多くの人に情報を伝えることです。マスメディアには、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、映画、ウェブサイト、および情報を一般に広めることを可能にするあらゆる技術が含まれます。マスメディアの中には、マスコミのチャネルまたは手段があります。これらのチャネルには、ニュースレポート、本、映画、テレビ番組、ミュージックビデオ、広告、雑誌や新聞、Webサイトの記事が含まれます。

マスコミはほとんど一方向のプロセスであり、聴衆からのフィードバックはほとんどありませんが、インターネットは人々がコメントしたりフィードバックを提供したりできるオプションを備えたいくつかの変化をもたらしています。

マスコミの分野は次のとおりです。

広告
企業および機関のメディア(トレーニングおよび指導、社内外のコミュニケーション、販売、および広報のためのビジュアル、オーディオ、書面、およびマルチメディア資料の作成)
電子メディア
ジャーナリズム(雑誌、新聞、印刷物、電子、テレビ、ラジオ、放送)
生産管理
広報
電気通信(ニュースまたは制作)
ビジュアルコミュニケーション(グラフィックデザイン、プロダクションデザイン、写真、ビデオ)

卒業後の進路

マスコミの卒業生は、ニュースメディア、広告または広報機関、出版社、研究機関で仕事を見つけることができます。 マスコミの卒業生は、放送、映画、メディア、広告、公共の分野でのキャリアを追求することもできます

関係、企業コミュニケーション、ジャーナリズム、イベント管理またはフォトジャーナリズム。 マスコミの卒業生には何千もの仕事があります。 ほとんどすべての中規模および大規模企業には、少なくとも1人の広報スタッフが必要です。

銀行、不動産、ホテル、病院、私立大学、金融機関、レストランなど、さまざまな業界で広報担当役員として働くことができます。

 

無料カウセリングでコミュニケーション学部について聞く!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マレーシア留学支援機構

マレーシア留学支援機構

マレーシア留学支援機構は、あなたのマレーシア留学をより有意義にする為の情報を提供しています。

-学部選び, ランキング, コミュニケーション学部

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2021 All Rights Reserved.