ビジネス学部 モナッシュ大学 OBOG・卒業生・就活生 正規留学 体験談 マレーシア情報

オーストラリア名門大学をマレーシアで卒業 / モナッシュ大学・本橋さん

 

学生info

本橋恵美(もとはし えみ)
Monash University Malaysia モナッシュ大学マレーシア校(経営学部マーケティング専攻) 現在3年生。
埼玉県春日部市出身。日本大学豊山女子高等学校卒業。

 

オーストラリアの名門大学のマレーシア分校モナッシュ大学で学び、見事今年2019年7月に内定を勝ち取ったえみさん。最新のリアルな就活情報をお話してくださいました。

マレーシア留学したキッカケは?

キッカケは、高校2年次のアメリカ・ケンブリッジ大学での短期留学です。
映画ハリー・ポッターで出てくるような広場で、学生たちが新聞を開いて時事問題について議論していたのが大変印象的でした。
その時、日本の大学生にはないものを感じたんです。私も自分の意見を持って、はっきり言葉にできる人間になりたいと思いました。

 

私は高校1年次にもフィリピン留学を経験しました。その繋がりでマレーシアに正規留学している学生を紹介していただきました。
実際にマレーシアに訪れ、多国籍な環境や欧米にはないこれからの可能性を秘めたこの地にワクワクしました。

また、オーストラリア名門校の分校であるモナッシュ大学なら本校と同じプログラムを半額以下かつマレーシアというおもしろい環境で学べるということで、進学を決めました。

就活を通して、マレーシア留学の強みや弱みはありましたか?

私はどの面接でも、「なぜマレーシア留学を選んだのか?」について必ず聞かれました。
そこで、欧米やヨーロッパ圏の留学では無く、マレーシア留学を選んだ理由を強調することで、印象付けられたと思います。

私の場合は、CFNというバイリンガル向け就職サイトを利用していました。基本的に留学していた学生が応募するので、英語や留学経験だけでは差別化できません。

そこで、自ら運営していた日本語教室や学生会での活動についてお話しました。留学したことだけでなく、留学先でなにをしたのか、個人としてどんな能力をもつのか言語化することが大切です。

 

弱みとすれば、共に就活を迎える仲間がいなかったことです。
今後は、マレーシアでも就活する学生も増えてくると思うので、ぜひ情報収集や面接練習の面でみんなで協力することをおすすめします。また、CFN国内選考に関しては2018年11月には、ほぼ選考が終わっています。私は2019年5月から応募していたので、枠が少なく倍率が高かったです。

 

具体的にはどういった流れで内定をもらったのですか?

私は2019年2月から本格的に就活をはじめました。インターネット上で情報収集したり、アプリを使って日本でCFNを使って就職したOBOGから体験談を聞いたり、自己PRの書き方指導や添削をしていただきました。

CFNのサイトでは全ての企業に応募しました。それから、自分が10年後どんな人間になっていたいかを考えた上でITコンサル企業に焦点を当てました。

2019年5月からはオンライン面接もありました。オンラインでの1次面接で通過した企業では、2019年6月に東京で開催されたCFNキャリアフォーラムにて、再度面接をしました。

それから、2019年7月に実際に企業オフィスを訪れて最終面接に臨み、内定を頂きました。

 

私は内定をもらった企業のオフィスに実際に訪れ、現場社員の方々からお話を聞きました。そこで、企業の雰囲気や現場のリアルを知ることで自分に最適な企業を見つけ、最終的に承諾する企業を決めました。

今後、就活を迎える後輩学生たちへのアドバイス等ございましたらお願いします。

1つ目は、オンライン上の情報をぜひ活用しましょう。私はアプリや様々なWEBサイトから情報収集しました。また、面接に関しては自分の中でビジュアル化するために、YouTubeも活用しました。IT系の企業に就職したい方は、プログラミングやITに関する制作物があると強みになります。

 

2つ目は、就活で大切なのは笑顔で人の目を見て話すことです。あたりまえのようで、意外とできない人いるんです。日本の就活では基本的にポテンシャル採用なので、面接官にこの人と一緒に働きたいと思ってもらえるかが重要です。

 

海外留学経験者で就活で失敗する人の多くに、”留学経験”をアピールする人が多いです。しかし、留学する人はとても多いし、CFNを利用する学生に関しては、大半が留学経験者や海外大学に進学した学生です。

そこで、いかに留学中の自分だけのストーリーや個人としてのスキルをアピールできるかがポイントになります。

 

将来、IT×教育×英語という独自の分野で起業するという夢をもつ恵美さん。これからの活躍が益々期待されます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ami

1999年生まれ、山梨出身。HELP Universityに在学中。 現在マレーシア留学支援機構にインターンシップ中。 マレー人・日本人双方に向けたイベント多数主催。マレーシアの魅力をより多くの方々にお伝えしたいです。

-ビジネス学部, モナッシュ大学, OBOG・卒業生・就活生, 正規留学 体験談, マレーシア情報

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2020 All Rights Reserved.