インティ大学 マレーシア留学 正規留学 体験談 マレーシア留学 体験談 正規留学(大学留学) ホスピタリティ学部 マレーシア情報

【 マレ留体験談】INTI大学ホスピタリティ学部 海外で働くキャリアウーマンになりたい! 酒井奈夢さん

学生info

メモ

酒井 奈夢さん

現在INTI大学 ホスピタリティ学部ホテルマネジメント学科に在籍。
(Hospitality - Hotel Management)
埼玉県立南稜高校卒業。

 

ホテルマネジメントってどんな学部?

INTI大学のホスピタリティー学部は、ホテルマネジメントカリナリーアーツ学科に分けられます。奈夢さんの専攻しているホテルマネジメント学科は、その名の通りホテルのサービスやマネジメントに関する知識と実践を学び、カリナリーアーツは世界各国の料理、製菓、パン作りなどを基礎から応用まで実践的に学びます。

 

短大過程の2年間で実践的に学べるカリキュラムが特徴的で、大学内の日本人にも人気の学部となっています。実際のホテルに見立てたフロントオフィスやベッドルーム、バーやレストラン内で授業が行われるのがホスピタリティー学部の面白いところ。モクテル(ノンアルコールカクテル)やコーヒー、お菓子作りなどを本格的な道具を使ってドリンク作りができるのもホテルマネジメント学科の魅力の一つですよ!

また、学校内でレストランを運営し、実際にお客さんを集め、ホテルのダイニングのようなコース料理やサービスを提供するシミュレーション授業もあり、料理とサービスを同時に学べるのも特徴的です。卒業前の4ヶ月間は専属先のホテルやレストランでインターンシップを経験し、その後は進学か就職か選択することができます。

インターナショナルなクラスメイト

奈夢さんのクラスは、中国、タイ、韓国、カンボジア、バングラディシュ、セーシェル、ジンバブエからの留学生がいる多国籍クラス。特にホスピタリティー業界は世界的に見て需要が高く、どこの国に行っても活躍できるフィールドなので、多くの留学生がが専攻する人気学部となっています。

ほとんどの生徒にとって英語は第二外国語なので、英語のアクセントや英語力は様々ですが、その分お互いが助け合って勉強します。奈夢さんも授業で分からないことがあれば直ぐに友達に聞いたり、授業後に個人的に先生に質問しに行ったりと向上心を忘れることなく勉学に精進しています!

テスト前の勉強場所は?

2019年大ブームを巻き起こしたタピオカの影響を受けて、INTI大学の周りには約20件ほどのタピオカ屋が立ち並んでいます。現在は比較的ブームも落ち着いてきて以前ほどのお客さんはいませんが、各テーブルにコンセントが完備されていて、WIFI環境も良いので勉強スペースとして利用する人も多いです。

INTI大学はテスト期間になると、図書館が24時間開放され、多くの人が夜な夜な勉強するので、座席を確保することが困難ですが、奈夢さんは近所のタピオカ屋さんを巡る感覚で様々なお店を訪れ、勉強スペースを確保しているそうです!

 

長時間静かな空間で集中したいときは、head space というコワーキングスペースがINTI大学から徒歩5分圏内にあります。学生たちの間で"最も勉強がはかどる場所” といわれ、たまった勉強やテスト勉強などを一気に片付けるときにぴったり。朝10時から夜12時までずっと居てもRM18(約470円)。コーヒー、お菓子、アイス、ケーキなども無料で楽しむことができます。

マレーシアの人はとってもフレンドリー!

奈夢さんはマレーシアに来てから一度もホームシックになったことがないくらい、現地の生活や人の良さの虜になっているそう。むしろマレーシアを離れると逆ホームシックを味わうほど(笑)。

都市近くに住むマレーシア人はほとんど英語が通じるのでコミュニケーションの壁がなく、何といっても親日の人が多い!

自分が日本人ということを伝えれば、目を輝かせて「日本のどこから来たの?」「~のアニメが大好き!」などと日本の文化に興味を示してくれる人が少なくありません。アニメ人気の影響もあってか、日本語を話せる人、勉強したい人達が、言語交流会やご飯会などを催して、交友関係を築くイベントも沢山あります。

 

後輩たちへ一言

「将来日本を飛び出して海外で働きたい」「グローバルな環境で活躍したい」という人にとってマレーシアは本当に最適な留学先だと思います!ホスピタリティー学部は海外での活躍の場が豊富なので、実践的な学問を学びたい人にはおすすめです☆

人種差別のない多民族国家のマレーシアで伸び伸びと勉強でき、暖かい南国の影響あってか、国民性も非常に大らかです。

また友達と一緒にご飯を食べることで親睦を深めるという文化が根付いているので、外食する機会も多いです。友達作りに最初は不安を持つかもしれませんが、マレーシアの人は気さくなので安心して留学に来てください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Karin

山に囲まれた長野県から飛び出して、マレーシアにやってきました!西川花梨です。現在、INTI大学でCulinary artsを専攻し、食の勉強をしています。ライターデビューほやほやですが、マレーシア留学の魅力が存分に読者の皆さんに伝わると嬉しいです!!

-インティ大学, マレーシア留学, 正規留学 体験談, マレーシア留学 体験談, 正規留学(大学留学), ホスピタリティ学部, マレーシア情報

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2021 All Rights Reserved.