生活費 総まとめ

安い安いと言われているが、マレーシアの留学にかかる費用はどのくらい安いのか気になるところ。

学費は各大学にもよりますが、そもそもマレーシアは3年で卒業可能なため、1年分の授業料が安いです。早速日本とマレーシアの学生へのアンケート結果を元に、平均の生活費を比較しました。

日本の学生との差額は286万円!?

【学生の1人暮らし生活費の比較 日本vsマレーシア】

項目平均生活費(日本)平均生活費(マレーシア)差額
飲食代34,85332,433-2420
住居費58,37724,554-33823
水道光熱費6,6441,325-5319
交通費5,5096,432+923
通信費7,2311,794-5437
娯楽費12,3228,094-4228
消耗品費用3,1481,324-1824
保険料015,236+15,236
合計128,084 91,192-36,892

海外保険を含めて考えてもマレーシアの学生は日本学生に比べ毎月36,892円も安く生活しています。

年間約44.2万円も安い計算になります。

さらに日本に比べて1年間卒業までの期間が短いので、まるまる1年分うくことを考えると

日本での一人暮らし(4年間) vs  マレーシア一人暮らし(3年間)の差額は286万円

(44.2万x 3年) + (128,084円x12ヶ月) = 2,865,120

ここまでの差額になります。280万あれば大学院にも行ける金額です。

 

日本(4年間)vs マレーシア(3年間):1年の時間は大切です

こんなに金額に差がでるのは単純に卒業までの時間がマレーシアは1年短いからです。

当たり前のように大学=4年間で過ごしていますが、若い時の1年間ほど大切な時間はありません。

受験勉強に1年費やし、さらに4年間を大学の勉強に費やす時間も節約し、本当にやりたいこと、自分が学びたいことに時間を費やすことができる。さらに英語も必然的にできるようになります。

お金・時間という2つの意味でコストパフォーマンスに優れた留学がマレーシア留学です。

カウンセリングのお申込みはこちら

 

 

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2021 All Rights Reserved.