マレーシア情報

【カウンセリング前にお読みください】

【カウンセリング前にお読みください】

カウンセリングでは、お客様のご質問により多くお答えするため、より時間を長くとるために、事前にこちらをお読み頂いております。

マレーシアの基本的な知識や大学進学について、5分で読めるようにまとめております。

こちらを読んでいただいた上で、より深く知りたいことについて、ご質問にお答えできれば幸いです。

よくある質問はこちら

【マレーシアの大学について全般知識】

・マレーシアの大学の合否は高校の成績のみで決定致します。

入試試験や面接、小論文やボランティア活動歴の提出などは、基本的にございません。

・入学時期は学期毎に可能です。大学によりますが、1年の中で2~4回ございます。

・マレーシアは物価が安いため、授業料と生活費を合わせても日本の私立大学に行くのと変わらない値段で留学できることが特徴です。

・また、イギリス式の教育環境が整うマレーシアの大学では、基本的に3年間で卒業が可能です。

 

【マレーシア留学支援機構のサポート内容】

3段階でのサポートになります。

・出願大学・学部を決定するまでの学校選びのサポート

・合否確認から渡航前準備、マレーシア到着までの渡航前のサポート

・マレーシアに着いてからの生活・勉強をサポートする渡航後の継続サポート

 

◎弊社はスタッフ全員がマレーシアで留学・ビジネスの経験者です。実際にマレーシアで暮らし、語学学校・大学で留学していたからこそ分かる、本当のマレーシア留学の情報をお伝え致します。

◎弊社はJSAM(日本人マレーシア学生会)という、マレーシアにある日本人学生の団体が発祥の留学エージェントです。現地の学生とつながりが深く、最新の情報を持っております。

 

【IELTSについて】

マレーシアの大学への合格するには、上記の通り高校の成績のみで行われますが、
実際に入学するには、学部が設定している「英語の資格」が必要になります。
マレーシアの大学では、IELTSという資格が一般的に用いられており、

大学本科に進む場合、大学・学部によって、IELTSスコア約5.0~6.5が必要になります。
ファウンデーションコースの場合は、IELTSスコア約4.0~5.0が必要になります。(一部IELTSスコア提出が必要のないファウンデーションコース有り)

 

IELTSの結果は大学の入学と同時に提出ですので、大学の出願時には必要ありません。

 

<例>

2020年1月に合否判定(出願)があり2020年8月入学の場合、IELTSが必要になるのは8月の入学時です。

 

ただ、規定のスコアを取得できていない場合は強制的に大学付属の語学学校からのスタートになります。

 

IELTSを受けたことがない場合は、自分の現在地を知るために一度受験してみてください

スコアを0.5を伸ばすのにもかなり時間がかかるので、計画立てて勉強をお願いします。

 

もし、IELTSを受験したことがない、またはスコアが足りず、大学も迷ってらっしゃる方は短期間でも語学学校に行かれることをおすすめします。

現地の日本人学生のご紹介も可能ですし、実際に大学を回ったり、現地生活を経験していただくことが非常に大切です。

 

弊社では、下見ツアーも365日ご案内しております。

https://drive.google.com/drive/folders/1XdHVmi5PiDk6Zu6-GatH74kUbZxWiyga

 

【ご質問等に関して】

簡単なご質問は公式ラインからご連絡ください。

 

詳しい内容や学生のインタビュー記事こちらから

 

カウンセリングはこちら

-マレーシア情報

Copyright© マレーシア留学支援機構 , 2021 All Rights Reserved.